飲み会の幹事がお店選びで注意すること12選

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

皆さんこんにちは、飲み会では必ず幹事を引き受ける、SCANTYです。

なんたって、自分の送別会も自分でやったくらいですからね!

 

私は幹事が好きなのでいいんですが、ほとんどの方は飲み会の幹事はできる限りやりたくないですよね。

事前準備もいろいろめんどくさいし、当日も飲み物を注文したり会費を徴収したりで忙しいし、そのうえあとで「お店がイマイチだ!」なんていわれたり。

 

できれば避けたい幹事ですが、どうしても避けられない場合もあります。

そんな時、一番困るのが店選びです。

今日は、幹事の百戦錬磨である私が、店選びのポイントをお教えします。

 

▼飲食店の予約はこちら!▼

 

食べログプレミアムサービス

 

 

お店選びのチェックポイント

 

1. お店のジャンル・雰囲気を考えろ!

 

飲み会といっても、いろんな種類があります。

会社の上司が来る場合、同僚だけで気兼ねなく飲む場合、女子会など様々なパターンがあり、そのパターンに応じてお店のジャンルや雰囲気を選ばなくてはいけません

 

たとえば、若手の男性ばかりの会であれば、安くて、おなかいっぱい食べれて、ちょっとくらい騒いでも問題ない店がいいでしょう。

逆に、若手の女子会であれば、オシャレで、それほど値段も高くないカジュアルイタリアンが良いかもしれません。

同じ女子会でも、ある程度中堅以上の方が来るのであれば、雰囲気のあるフレンチなども選択肢に入るでしょう。

 

このように、参加者の性別や年齢、収入に応じてお店を選ぶ必要があります。

参加者が誰で、どんな雰囲気のお店が良いかをしっかり考えましょう。

 

 

2. 駅近は必須!

 

これも基本です。

駅からめちゃめちゃ歩くようではいくらおいしい店でも、店に到着するまでに不満がたまってしまいます。

駅近のお店であることはめちゃめちゃ大事です。

 

 

3. 会社からは遠いほうが良い場合もあり

 

会社で勤務したあとに飲み会に移動することも多いと思います。

駅からの距離と同様、あまりに遠いのはNGです。

 

一方、会社の若手だけで飲む場合や、会社で仲の良いメンバーと少人数で飲む場合は、あまりに会社から近すぎると上司や同じ会社の人とばったり遭遇する可能性もあります。

そうなると、せっかく会社の愚痴でも言い合おうと思っていたのが、緊張してしまい、飲み会が台無しになってしまいます。

会社の気の知れた仲間と数人で飲む場合は、ある程度会社と離れたお店のほうが良いでしょう。

 

 

4. 喫煙可否は必ず確認

 

メンバー(特に上司)にタバコを吸う人がいれば、喫煙可能か必ず確認しなければなりません。

 

一方、タバコが苦手な人がいる場合は、禁煙のお店にするのがベストです。

ただし、禁煙のお店はなかなか少ないので、客層を見てできる限りタバコを吸う人が少ないような、つまりおっさんが少ないようなお店にするべきでしょう。

個室があればベストですね!

余裕があれば事前に店員さんに相談しておきましょう。

 

 

5. 座敷はNG!

 

個人的に非常に重要視するポイントです。

自分たちの席がどのような席になるか、予約時に確認しておきましょう。

テーブル or 掘りごたつであれば良いのですが、座敷だと足が痛くなるので、嫌われる方が多いです。

(私も大嫌い!!!)

何らかの理由がない限り、座敷は絶対に避けましょう

 

 

6. 靴を脱ぐ場合は事前に伝える

 

こちらも地味に重要なポイントです。

靴を脱ぐのを面倒くさいと思う人は意外に多いです。

特に女性は冬場にブーツを履くことが多く、嫌がられます。

事前に、靴を脱ぐ必要があるかも確認しておいたほうが良いです。

できれば靴を脱がないほう店・席が良いのですが、そうなるとかなり行けるお店が絞られてしまうので、気にしそうな人に事前に「今回は靴を脱ぐお店です」と言っておけば完璧でしょう。

そこまでするか!?と思われるかもしれませんが、結構大事です。

 

 

7. カードが使えるお店に

 

会社の忘年会や送別会は、上司がまとめてカードで支払う場合が多いと思います。

しかし、平成のこの時代にもかかわらず、カードが使えないお店は結構多いです。

また、普段は使えるが、コースはカードNGといった場合もあります。

カードが使用できるか必ず確認しておきましょう

 

 

8. 口コミを読め!

 

食べログやHotpepperにはそのお店の口コミが記載されています。

事前に簡単に目を通しておきましょう。

「簡単に」と言ったのは、あまり信用しすぎてもいけないということです。

サクラが書いた内容かもしれませんし、お店や料理にはその人の趣味がありますので、評価が悪かったとしても、別の人からすればよいお店かもしれません。

 

ただし、個人的には「料理・ドリンクが来るのが遅かった」という口コミがあるお店は避けるようにしています。

 

また、最も注意すべきなのは、口コミが1件もないお店です。

ぼったくりのお店や評価があまりに悪いお店は、口コミが書かれていません。

口コミがないお店に対して突撃するのはあまりに危険すぎます。

絶対に避けましょう。

(口コミがあるからといって信用できるわけではないですが…)

 

 

9. 飲み放題のビールが発泡酒でないか?

 

結構陥りがちなミスが、「飲み放題のビールが発泡酒だった」というもの。

意外や意外、結構あります。

(勝手ながら、新宿・池袋と大阪に多いイメージ)

どうせ酔ったらわからないのですが、中にはうんちくをたれるやつがいるので気をつけましょう。

  

10. テーブルの配置を確認

 

10人以上の大人数の飲み会の場合はテーブルの配置にも要注意です。

テーブルが複数に分かれるか、分かれる場合、テーブルが一直線に並ぶか、それとも平行に並ぶか、何人と何人で別れるか、などは事前にチェックしておいたほうが良いです。

 

以前、15人で予約したお店に行ったところ、12人テーブルと3人テーブルに分かれたことがありました。

3人のテーブルの席に座った人はたまったもんじゃないですよね。

 

 

11. 新人が気を遣わないメニュー

 

会社の忘年会・新年会・歓送迎会では、必然的に若手社員がいろいろお世話をすることになります。

飲み物の注文はしょうがないですが、それ以外はできる限り新人が気を遣わなくて良いようにしましょう。

 

具体的には以下の点です。

  • 鍋・焼肉は避ける
    (新人がよそってあげなくてはいけません)
  • できれば瓶ビールは避ける
    (お酌するの面倒くさいです)

 

理想を言えば、料理が大皿でなく個別に出てくるお店だったら言うことなし!

(サラダを取り分けたりしなくて良いので。)

 

 

12. 男女共用トイレはNG

 

狭いお店だと、トイレが男女共用の場合があります。

女性は結構嫌がるので、男女共用トイレはできる限り避けましょう。

 

 

下見に行こう!

 

私は、上司が参加するような飲み会や、本気で落としたい女の子とのデートの前には、

必ず下見に行くようにしています。

特に上司が参加する飲み会の場合は、事前に上記12のチェックポイントを確認するのはもちろん、お店側と事前にコミュニケーションをとっておくことで、席の配置を調整してくれたり、当日いろいろ配慮してくれたりします。

 

また、幹事の自分が事前にお店までの経路や店の雰囲気などを知っておくことで、当日に余裕が生まれます

大事な飲み会の前にはできる限り下見に行きましょう!

※下見についてきてほしいとの口実で、同じ会社の女の子を誘うのもありですね!

 

 

飲み会での失敗は出世に響く!?

会社の飲み会の幹事をしっかりやりきることは、サラリーマンとして出世のプラスにはなりません。

しかし、失敗すると仕事でミスするよりも大きな悪影響を及ぼすものです。

 

たかが飲み会、されど飲み会。

上記12のチェックポイントを守り、楽しい飲み会を企画・運営してください!!

 

 

▼飲食店の予約はこちら!▼

 

食べログプレミアムサービス