中古の501HWを海外サイトで非公式にSIMロック解除した手順【ソフトバンク・ワイモバイルのルーター】

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

========================

 

【注意】

  • 海外サイトでSIMロック解除するのは悪いことかも
  • 端末によってはSIMロック解除できなかったという口コミも多い
  • 2019年9月からこの方法は不要になるかも

 

上記を理解した方のみ、自己責任で実施してください。

 

========================

 

 

さて、表題の通りソフトバンクのモバイルルーター「501HW」を海外サイトでSIMロック解除してもらった件を備忘録として残しておきます。

 

 

 

FUJI WifiのSIMを使いたい

 

SIMフリー/ロック解除済のみっぽい

 

今回の目的は、FUJI WifiのSIMを入れて使うためです。

 

全然知識がなくて知らなかったんですけど、FUJI WifiのSIMってソフトバンク回線だから、

「ソフトバンクのルーターならロック未解除でもそのまま使えるんじゃね?」

と思っていたのですが、どうやらSIMロック解除されてないと使えないようですね。

 

詳しくはわからないんですけど、試しにSIMロック解除する前の501HWにmineoのソフトバンク回線のSIMを入れても使えませんでした(多分)。

(↑↑ SIMロック解除コードを入れる画面が表示されました)

 

なので、SIMというより501HW側で制御しているのかな。

 

 

 STAR Wi-FiやNOZOMI WiFi、ivideoも同じかも

 

私は毎月30GBくらいしか使わないので、20GBから無制限まで選べるFUJI Wifiにしました。

 

ただ、大容量使う方や無制限が良い方は「STAR Wi-Fi」や「NOZOMI WiFi」「ivideo」も良いかもしれません。

 

多分これらの業者もソフトバンク回線を使っているので、501HWはSIMロック解除しないといけないと思います。

(フジワイファイ以外は全くの未検証なので要注意) 

 

 

Fuji wifiが使えるルーターは

 

FUJI Wifiはソフトバンク回線かつSIMフリー端末(SIMロック解除済)端末でしか使えませんので、以下の端末が候補になります。

 

ソフトバンク回線に対応したSIMフリールーター

 

一番簡単なのはソフトバンク回線に対応したSIMフリールーターです。

 

おすすめは以下の2つ。

 

1.FS030W

 

定番はSIMフリーのFS030Wです。

 

FUJI Wifiのルータープランでこのルーターが使われていますし、STAR Wi-Fiでも使われています。

ソフトバンクのLTEバンド1・3・8に対応していますし、ドコモ回線・au回線にも対応しています。

 

 

2.Aterm MR05LN

 

つづいてはNECのAterm MR05LNです。

 

ソフトバンク(1・3・8)はもちろん、ドコモ・au回線にも対応しています。

 

公式サイトをみると「LTE-Advanedや3CAにも対応しているので速い!」と書かれています。

複数の周波数を束ねて使うCA:キャリアアグリゲーションはよく聞きますが、3つの周波数を束ねる3CAはなかなか速そうですね。

(実際にどれだけ速いかはわかりませんが…)

 

私も本当はこれが良かったのですが、なんせ高い…

お金持ちなら迷わずこれを買ってました。

 

 

Aterm MR05LNの前のMR04LNやMR03LNなら比較的安いのですが、SIMカードがmicroでアダプタを使うと高確率で破損するとのことなので、手を出しませんでした。

 

 

ソフトバンクのSIMロック解除済ルーター

 

前章でも解説したとおり、ソフトバンクのルーターはSIMロック解除が必要です。

501HW以外にも601HWや最近では802ZTも発売されています。

 

これらの端末はメルカリなどでも結構出品されているのですが、なんせSIMロック解除されていないんですね。

 

ワイモバイルのSIMロック解除済ルーター

 

同様にワイモバイルのモバイルルーターもSIMロック解除すれば使えます。

最新の801HWや603HW、502HWがおすすめですが、こちらもSIMロック解除済み製品が出回っていません。

  

 

 

メルカリで買った501HWをSIMロック解除 

 

Huawei Calculatorを選択

 

で、私はメルカリで買ったSIMロック未解除の501HWを、海外サイトでSIMロック解除してもらうことにしました。

検討したサイトは以下の3つです。

 

 

上記3サイトはこちらのサイト様に記載がありました。

https://gadget-live.net/pocketwifi-603hw-unlock/

 

このうち、一番価格が安かったHuawei Calculatorを選択しました。

といっても5,000円位かかりますけど。

 

 

申し込みから解除まで

 

SIMロック解除の申し込みから実際に解除するまでの手順は以下の通りです。

 

1.Huawei Calculatorにアクセス

 

2.HUAWEI wirelessの「PURCHASE」をクリック

 

f:id:SCANTY:20190712165836j:plain

 

 

すると、機器名がズラッと並んだ画面が出てきます。

 

キーボードで「ctrl+F」を押し、検索BOXで「501HW」を押すと、「UNLOCK HUAWEI-AUTH V4 ALGORITHM」のところにありました。

601HWや801HW・603HW・502HWもここのようですね。

 

f:id:SCANTY:20190712170536j:plain

 

「UNLOCK HUAWEI-AUTH V4 ALGORITHM」をクリックします。

 

f:id:SCANTY:20190712170728j:plain

カートに追加をクリックします。

(上記画像は右クリックで「日本語に翻訳」をしました)

 

3.IMEIの入力

 

購入手続きに入る際は、端末のIMEI番号が必要です。

絶対に間違わないように入力しましょう。

501HWの場合、裏カバーを外してバッテリーパックを外したところに書いてあります。

 

 

4.購入手続き

 

あとは、購入手続きを進めます。

支払いはPaypalです。

 

他サイトには「Paypalだから幾分安心だね」みたいなコメントがありましたので、幾分安心なんでしょう。

(情報とか盗まれにくいってことかな?)

 

支払いが完了すると、メールが送られてきます。

これは自動送信のようです。

 

 

私は日本時間の土曜日の夜に決済が完了しました。

「海外時間で土日が休みなら、連絡が来るのは月曜日の夜かな?」と思っていたら、本当に月曜日の夜に

「受け付けたぜ!これから作業に入るから待っててな!」

みたいなメールが来ました。

 

 

5.3日後にSIMロックコードが届いた

 

その後、木曜日の夜にSIMロックコードが書かれたメールが送られてきました。

501HWにau系のSIMを挿し、実際にコードを入力すると、コード解除画面が消えました。

その後、PCにつないでAPN設定すると、他社のSIM接続できるようになりました。

 

 

SIMロック解除時の注意点

 

自己責任で!

 

この記事で解説した内容は、よくわかってないけどあんまり良くないやり方だと思います。

もしかしたら違法かもしれませんし、規約違反かもしれません。

もしかしたら別に悪いことじゃないのかもしれません。

 

また、他サイトでは結局ロックできなかったという報告もあります。

返金もされるようですが、ルーターは無駄になりますので全て自己責任でお願いします。

 

 

2019年9月以降にSIMロック解除が解禁

 

これまで海外サイトでロック解除をする方法を解説しましたが、ソフトバンクやauでは2019年9月以降に、契約者以外や解約後90日を超えた場合でもSIMロックができるようになる見通しです。

 

すでにドコモでは中古端末などでもSIMロックが可能になりました。

auとソフトバンクでは未対応ですが、総務省で2019年9月に中古の端末のSIMロック解除に応じるよう求めるガイドラインが改正される予定です。

 

ソフトバンクとauは9月にガイドラインが改正されたら中古端末のSIMロック解除もOKにするよと言ってます。

 

よって、(実際にいつになるかはわかりませんが)もう少し待てばこのような方法は不要になると思います。