windows10でキーボードの特定のキー(ボタン)を無効化する方法

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

2019年1月に新しいPCをを買ってから、ボタンの配列が以前のPCと異なり、押し間違いが頻発しました。

 

特にエンターキーの周囲にある「home」「pg up」「pg dn」「end」は使わないのによく押し間違えて、文章入力時に多大なストレスに…

 

ということでキーボードの特定のキーを無効化(押しても反応しない)ようにするフリーソフトを見つけました

 

ChgKeyがwindows10でも使えた

 

ネットで検索すると、ChgKeyというフリーソフトを発見しました。

 

窓の杜:https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/changekey/

 

対応はWindows7までとなっていましたが、試しにwindows10に入れてみると問題なく動作しました。

 

 

「管理者権限で実行」が必要

 

上記URLを開き、「ChgKey」というアプリケーションをダウンロードします。

 

ただし、アプリを開く際に通常のダブルクリックではなく、右クリック→「管理者として実行」から開く必要があるようです。

 

ダブルクリックでもアプリを開いて登録ができるのですが、再起動しても無効化されていませんでした。

 

 

f:id:SCANTY:20190711183743j:plain

 

設定手順

 

私はよく押し間違える「home」「pg up」「pg dn」「end」の4つと、「F1」を無効化しました。

 

f:id:SCANTY:20190711184302p:plain

 

「F1」はESCキーやF2キーを押す際に間違えて押してしまうとヘルプページが立ち上がってしまい、めちゃくちゃ邪魔ですよね。

 

 

以上、備忘録でした。