2018年版!大ファンが選ぶNMB48のおすすめ50曲(人気・ランキング上位)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

みなさんこんにちは、10年来のアイドルヲタ、SCANTYです。

先日、どうしても皆様に知ってほしいという思いがあふれてしまい、AKB48のおすすめソングを101曲もまとめてしまいました。

2018年版!AKB48のおすすめ101曲

 

本日は、私が最も大好きなグループ、NMB48のおすすめ曲をこれまた大量に50曲まとめます。

ぜひご覧ください!

 

 

シングル

※並びは発売日順です。

 

オーマイガー!

 

絶滅黒髪少女に続くセカンドシングル。

NMBのシングルを代表する名曲です。

 

ストーリー仕立ての歌詞がめちゃくちゃ可愛い。

ダンスも、いかにも若さあふれる感じです。

 

PVではメンバーが組体操のピラミッドを作ります。

当時はコンサート等でも実際にピラミッドを作っていたのですが、最近はさすがにやらなくなりましたねー。

単純に危険ですから…。

 

 

ナギイチ

 

4枚目のシングル。

毎年恒例となったPVが水着の夏シングルです。

ナギイチとは、「渚で一番かわいいガール」の略。

MIXもバシッとはまって、ライブではめちゃくちゃ盛り上がりますね。

 

 

北川謙二

 

6枚目のシングル。

北川謙二さんはAKB48のスタッフの方の名前です。

(スタッフさんですが、なにかと表舞台にでてくるので有名人)

 

めちゃくちゃノリのいい曲で、ライブでも盛り上がるのですが、何せタイトルがね…

毎回CDに書かれるキャッチコピーは「タイトルさえちゃんとしてたら、いい曲なのに…」ですが、本当にそう思います。

 

 

Don’t look back!

 

11枚目のシングル。

卒業する山田菜々ちゃんがセンターで、卒業ソングの位置付けが大きいですね。

激しいダンスとカッコいいメロディが大好き。

ちょっとマニアックですが、特に「道はいつだって険しい」の前の”間”が好きです。

 

ですが、AKB48の大島優子さんが卒業されるときの「前しか向かねぇ」とカブっている感じがしますね。

タイトルもまったく同じ事をいっている気がしないでもないです…。

 

 

ドリアン少年

 

12枚目のシングル。

ドラフト1期生のりりぽんこと須藤凜々花さんがはじめてセンターを務めました。

PVは定番の水着。

観客の合いの手が組み込まれていて、ライブではめちゃくちゃ盛り上がります。

そして、曲の最後にみんなでウインクするところがめちゃくちゃ可愛い!!

大好きな一曲です。

 

 

Must be now

 

13枚目のシングル。

AKB48グループの曲のなかで最も難しいといわれる超ダンスナンバー。

人気とか、握手会の売れ行きとか、運営が誰をプッシュするかとか関係なく、ただただダンスがうまいメンバー9人が選抜メンバーになりました。

ずっと選抜に選ばれてきた人気メンバーが軒並み選抜を外れたことで、ファンの中でも賛否両論が巻き起こりました。

 

私がファンだった木下春奈さんが久しぶりに選抜に選ばれて、めちゃくちゃ嬉しかったですねー。

若干私情がはいっていますが、それを抜きにしてもかっこいい曲です。

何かに迷ったとき、この曲を聴くと背中を押されます。

 

 

カップリング

※並びは私のオススメ順です

 

青春のラップタイム

 

NMB48といえばこの曲。

NMB48がはじめてもらったオリジナル曲であり、ライブでもアンコールで必ず歌われる、もはや定番中の定番の曲です。

歌詞はめちゃくちゃ可愛く、曲はノリノリで、MIXもバッチリはまるし、本当に名曲ですね。

 

イントロでみんなでジャンプするところ大好き!

「君との約束をー」のあとの「さやかー」って叫ぶところ大好き!

「青春のラップタイム 競うみたいに」のとこでくるっと回るところ大好き!

サビ前の「Go!Go!Go!Go!Go!」ってみんなで叫ぶところ大好き!

間奏のでごめんねーって謝るダンス大好き!

 

いいところだらけの最強ソングです。

NMB48のことは嫌いでも、この曲だけは聴いてほしい、そんな歌です。

 

 

HA!

 

ちょっと毛色が違いますが、AKB48の29枚目のシングル「永遠プレッシャー」のカップリングです。

NMB48を代表する曲となりました。

ライブなどでも必ず披露されます。

私も1・2を争うほど大好きな曲。

イントロからめちゃくちゃかっこいいし、MIXもバッチリはまります。

個人的には、曲の終わりにセンター二人がクールに腕をたたいているところが鳥肌立つほどかっこいいです。

PVは道頓堀に浮かぶ船の上で撮影したり、竹内力さんが出演したりとめちゃ豪華です。

やっぱAKBのシングルだとお金がかけられるんですかねー(笑)

 

 

君と出会って僕は変わった

 

こちらもちょっと趣旨と外れるかもしれませんが、AKB48のじゃんけんシングル「鈴懸なんちゃら」のカップリング。

当時研究生だった渋谷凪咲さんがセンターに抜擢された曲です。

めちゃくちゃ名曲です。

 

君と出会って僕は変わった

息を切らし走ってる

誰かのために必死になるって気持ちいい

 

乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」とかぶるような気もしますが、

こっちの方が先ですからね!

何を張り合っているのかわかりませんが…(笑)

 

 

一週間、全部が月曜日ならいいのに…

 

高嶺の林檎のカップリング。

「普通みんなが嫌う月曜日も、恋しているとあの人と会える楽しみな曜日になる」、という曲です。

後で出てくる「待ってました、新学期」と同じパターンですが、こういう前向きな曲大好きなんですよねー。

ちなみにこの曲、作曲はなんとTHE ALFEEの高見沢俊彦さんらしいです。

初めて知りました。

こんなアイドルソングも作曲されるんですねー。

 

 

結晶

 

オーマイガー!のカップリング。

2013年のNMBリクエストアワーで1位に輝いており、NMB史上最強の曲という人も多い。

私も本当に大好き。

2013年リクアワでフルで歌っている映像をいるたびに泣けてきます。

あと、今は吉本新喜劇で活躍する福本愛菜さんの曲というイメージも強いですね。

卒業するのが早くてびっくりしたけど、関西では大活躍なんで本当によかった。

 

 

届かなそうで届くもの

 

「僕らのユリイカ」のカップリング。

NMB48の冠番組「げいにん!」のオープニングとして使われていましたので、その印象が強い方も多いのではないでしょうか。

私見ですが、若いメンバーを鼓舞するような歌詞に感じます。

 

 

わるきー

 

「ナギイチ」のカップリング。

渡辺美優紀を代表するアイドルど真ん中の曲

小悪魔をモチーフとした衣装も可愛い。

みるきーが卒業した今後も、アイドルのソロ曲としてAKBグループ内で歌い継がれていくことでしょう。

 

 

捕食者たちよ

 

「オーマイガー!」のカップリング。

ちょっと昔の歌謡曲っぽい曲調です。

女子高生を熱帯魚に例えた歌詞になっており、危険な大人の街に飛び込んでいくような情景が歌詞になっています。

危険な感じが大好きです。

 

 

虹の作り方

 

甘噛み姫のカップリング。

次世代を背負う5名(太田夢莉、薮下柊、渋谷凪咲、須藤凜々花、内木志)のユニット曲。

若手らしく、爽やかで元気な歌。

若手といっても柊ちゃん・凪咲は結構昔からNMBの中心メンバーなので、若干いまさら感はありますね。

PVはとにかく夢莉ちゃんの美少女ぶりが際立っています。

 

 

心の文字を書け!

 

ドリアン少年のカップリング。

チームBⅡのメンバーが歌います。

「恋に落ちたら素直に気持ちを吐き出そう!」という歌詞がめちゃめちゃ可愛いです。

 

振り付けはBⅡの日下このみさんが担当。

PVではサビの白とピンクのはかま姿が可愛すぎます。

 

 

命のへそ

 

ドリアン少年のカップリング。

チームNが歌います。

ギターが鳴り響く「ピーク」のようなカッコイイ曲です。

こういうカッコイイ曲って本当にテンションあがりますよねー。

アイドルが歌う曲としては好き嫌いが分かれるかもしれませんが、私は大好きです。

 

 

場当たりGO!

 

「純情U-19」のカップリング。

とてものりがよく、聴いていてテンションあがる曲です。

ちょっとふざけた感じもありますが、歌詞がとっても心に響きます。

何か悩んだときに聴くとフッと心が楽になる曲だと思いますね。

 

スケジュールに縛られて大切なもの見逃すよりも

場当たり的に行こう

 

 

スターになんてなりたくない

 

「らしくない」に収録されたチームBⅡのカップリング。

AKB48の「アイドルなんて呼ばないで」を思い出すタイトルですが、曲調がぜんぜん違います。

こちらは結構ハードな感じ。

 

この曲は、タイトルや歌詞とまったく関係ないPVが結構面白いです

プリクラの機械の中に入れられたメンバーがオモシロ仮装をしていると、突然仕切りが外れて周りのみんなに見られる、恥ずかしいドッキリになっています。

一番オモシロいのは渋谷凪咲です。

Youtubeではショートバージョンのみですが、ぜひご覧ください。

【MV】スターになんてなりたくない (Short ver.) - YouTube

 

 

最後のカタルシス

 

「ナギイチ」のカップリング。

これはもう、さや姉こと山本彩が歌う冒頭の「やさしい気持ちで 叱ってくれたね」のところが大好き!

かっちょいーー!!

 

歌詞は難解で、何を行っているのかよくわかりません。

そもそも”カタルシス”とはアリストテレスの言葉らしく、それをすごく簡単に言うと「心の中にあるわだかまりが何かのきっかけで一気に解消すること」らしいです。

何かよくわかりませんね(笑)

 

 

待ってました、新学期

 

「絶滅黒髪少女」のカップリング。

若くて元気いっぱいの曲です。

普通の人は夏休みが終わって憂鬱なはずの新学期ですが、恋をしていると早くその人に会いたくて新学期の到来を心待ちにしている、みたいな可愛い曲です。

PVをみると、みんな若いですねー。

 

 

三日月の背中

 

絶滅黒髪少女のカップリング。

この曲、めちゃめちゃ人気ありますよね。

私も大好き!

1期生といえばこの曲!というイメージがあります。

かわいくてノリノリになる曲。

 

 

星空のキャラバン

 

北川謙二のカップリング。

衣装がめちゃくちゃ可愛い。

が、リクアワなどのコンサートで歌われるときはとにかく暑そう。

個人的にはPVのゆきつんが幼くてめちゃくちゃ可愛い。。

 

 

冬将軍のリグレット

 

こちらも北川謙二のカップリング。

いまやNMB48の中心メンバーとなった矢倉楓子が初めてセンターとなった曲です。

そのため、リクアワのたびに楓ちゃんファンが大量に投票し、いつも高順位を獲得します(笑)

歌詞もダンスもかわいい歌なのですが、PVは曲調とは裏腹に終始不穏な白黒画像で進んでいきます。

そして最後に制服を着た楓ちゃんがマシンガンをぶっ放すのです。

かっこいいのですがちょっと笑えます。

 

 

野蛮なソフトクリーム

 

僕らのユリイカのカップリング。

フレッシュレモンこと市川美織がNMB48に移籍してきて始めてのシングルで、個人的にはこの曲はみおりんの曲というイメージが強いですね。

歌はザ・アイドルソング。

 

 

空腹で恋愛をするな

 

Must be nowのカップリング。

歌うのはチームBⅡ。

歌もよいが、メンバーが合コンに行くが盛り上がらない…みたいなPVが面白い。

そういや、このころのチームBⅡが一番好きだったなー。

みるきー、梅ちゃん、なぎさ、しゅうちゃん、春奈ちゃん、ちっひー…

最強です。 

 

 

なんでやねん、アイドル

 

こちらもオーマイガー!のカップリング。

木下春奈と門脇佳奈子の2人のユニット曲。

なぞかけから始まり、大阪感満載の歌詞やセリフが詰まった楽しい曲です。

佳奈子ちゃんはイメージぴったりですが、春奈ちゃんは結構大人っぽいかっこいい路線だったので、若干曲のイメージと合わなくなった感があります。

私は春奈ちゃんファンでしたが、この曲はあんまり…でした。

 

 

俺らとは

 

Must Be nowのカップリング。

楽屋のノリで結成された「俺ら」というユニット(?)のために作られた曲。

「俺ら」はギャグっぽいユニットでしたが、曲が意外にかっこよくてびっくりでした。

なんか「一世風靡セピア」を思い出す感じの曲調と歌詞です。

ちなみにメンバーがどんどん卒業してしまい、

いまでは山本彩のみになってしまいました。

 

 

どしゃぶりの青春の中で

 

カモネギックスのカップリング。

この曲はなんと言ってもサビ前の「ありえへんわ」ですよね。

さや姉かっこよすぎます。

一方、2番の山田菜々ちゃんの「なんでなん?」は、なぜかちょっと笑ってしまいます。

変な声のせいかな(笑)

 

 

もう裸足にはなれない

 

カモネギックスのカップリング。

センターはさえぴぃこと村瀬紗英さん。

ですが、なぜか渋谷凪咲さんのイメージが強いですねー。

歌詞の中に「ビニールの中に閉じ込めた渚」というフレーズがあり、

そのフレーズの場面では必ず渋谷凪咲さんが画面に映し出されるからですかね。

結構早口でノリがよく、かっこいい曲です。

 

 

僕らのレガッタ

 

ヴァージニティーのカップリング。

ライバル同士切磋琢磨した思い出を歌った曲です。

部活動をしている中高生がドハマリしそうな青春ソング。

 

が、最後の歌詞がちょっと人生を達観したような歌詞になっていて、私は一番好き。

 

生きることはつらい

それでも漕ぐしかない 未来へ

 

いやー、かっこいいですねー。

あと、PVは歌詞とまったく関係ない、貴族の格好をしてなんかやってます(笑)

 

 

恋愛被害届け

 

北川謙二のカップリング。

結構早口で進んでいくサビが大好きな曲です。

大人っぽい真っ赤なドレスと、網タイツの衣装が印象的。

サビ前の「盗まれたの」とか「むかつくでしょう?」とかが思わずタイミングを合わせて口ずさむこと間違いなしです。

 

 

友達

 

らしくないのカップリング。

山田菜々の卒業記念(?)に、盟友である山本彩と二人で歌う曲です。

結成以来グループを引っ張ってきた二人の関係性に涙したファンも多いのではないでしょうか。

私は特定のメンバーのことを歌った曲はあまり好きではないのですが、この曲はさすがに泣きました。

 

 

アルバム

※並びは私のオススメ順です

 

ピーク

 

世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜の収録曲。

センターは”ふうみる”こと、矢倉楓子と白間美瑠。

めちゃくちゃノリがよくて、ファンが多い曲。

聞くたびにテンションがMAXになります。

下記の通り、メンバーも最強です。

  • チームN:太田夢莉、加藤夕夏
  • チームM:白間美瑠、藤江れいな、村瀬紗英、矢倉楓子、山田菜々
  • チームBII:市川美織、梅田彩佳、薮下柊、渋谷凪咲、高柳明音
  • 研究生:城恵理子

 

 

イビサガール

 

世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜の収録曲。

もともとは10枚目のシングル曲になる予定だったらしいです。

(てかあまりにメジャーすぎてシングル曲やと思ってました)

 

とにかくライブで盛り上がる曲。

ファンも一緒に「GO!GO!イビサ!」って叫べますもんねー。

 

耳に入った水を落とすようなサビのダンスも特徴的。

そしてPVは夏の定番の水着。

【MV】イビサガール (Short ver.) - YouTube

 

 

想像の詩人

 

世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜の収録曲。

2014年当時の研究生に与えられた初のオリジナル曲。

センターは城恵理子と山尾梨奈。

のちに同タイトルの研究生公演がスタートしました。

 

曲は少し哲学的で難しい曲ですが、美しいメロディが心に染みるいい曲です。

 

そして、2015年のリクアワでは見事1位を獲得しました。

このときは本当に感動しましたし、この曲に投票するNMBファンが好きになりました。

あまり人気が出ずに悩んでいた時期があってこその1位だったと思います。

 

 

アーモンドクロワッサン計画

 

てっぺんとったんで!の収録曲。

そして初期チームBⅡのオリジナル曲です。

チームBⅡメンバーとファンの思いが詰まった曲ですね。

まったくチケットが売れず、

メンバーが自ら街頭でビラ配りをしたり、

結局一度もフルメンバー16人でステージに立てなかったりといったこともありました。

しかしその苦悩を乗り越え、リクエストアワー2014で1位を獲得し卒業メンバーを含めて全員でステージに立った時は、BⅡファンならずともNMBファン全員が涙しました。

 

曲自体は可愛い感じの曲ですが、ただそれだけではない、いろいろな思いが詰まった曲です。

 

 

太宰治を読んだか?

 

こちらもてっぺんとったんで!の収録曲。

名曲として名高い1曲ですね。

山田菜々、山本彩、横山由依の3人がオリジナルメンバーです。

歌詞は哲学的でむずかしい。

ですが、3人の優しくバランスの取れた歌声が聞いていて気持ちがいいです。

「人生とは何か語れる友ができた」という歌詞が、山本彩さんと兼任が解除になってAKBに戻った横山由依さんとの関係を表しているようですばらしいですね。

 

 

ハートの独占権

 

世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜の収録曲。

当時NMB48に在籍していた(懐かしい!)柏木由紀と渡辺美優紀によるデュエット曲になっています。

一人の男性を二人が取り合う歌詞になっていて、めちゃめちゃ覚えやすい。

いまとなっては二人ともいなくなってしまいましたが、

この名曲は今後も可愛い系のメンバーで歌い続けられていくことでしょう。

 

 

てっぺんとったんで!

 

同名のアルバム「てっぺんとったんで!」の表題曲。

関西弁が豊富に使われており、大阪感丸出しの歌詞と曲調です。

AKB48の「会いたかった」のように、紹介ソングとして使われることも多いですね。

「メンバー:好きやねん」→「客:こくらなあかん」のように、メンバーと観客の掛け合いがあり、ライブで盛り上がります。

 

 

“生徒手帳の写真は気に入っていない”の法則

 

世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜の収録曲。

「げいにん!THE MOVIE」の第2弾のテーマソングでもあります。

生徒手帳を落としてからのストーリーがそのまま歌詞になっています。

こういうストーリー仕立ての歌詞、大好きなんですよねー。

オーマイガーと似た感じです。

 

 

君にヤラレタ

 

世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜に収録されている、チームBⅡの曲。

AKB48から梅ちゃんこと梅田彩佳、SKE48から高柳明音が移籍・兼任してきた頃の曲で、PVはBⅡのメンバーを紹介するようなストーリーになっています。

覚えやすいダンスとかわいらしい歌詞が魅力の曲で、サビは思わず口ずさんでしまいます。

 

 

なめくじハート

 

てっぺんとったんで!の収録曲。

なめくじというタイトルからは想像もつかない、アイドルらしい曲です。

曲調も歌詞も可愛いですが、なにより衣装が可愛い!!

歌うことのできるメンバーが限られる曲ですね。

f:id:SCANTY:20170422225008p:plain

 

 

ジャングルジム

 

てっぺんとったんで!の収録曲で、山本彩のソロ曲。

ギター一本で弾き語りする姿がめっちゃかっこいいです。

曲自体もめちゃめちゃいい曲で、せつなすぎて自然に涙が出てきます。

 あと、2016年夏のコンサートで渋谷凪咲さんが歌ったジャングルジムもよかったです。

DVDとか出てると思うのでぜひ観てみてください!

 

 

公演曲

 

青い月が見てるから

 

チームN「ここにだって天使はいる」公演の最初の曲。

(ちなみに後から出てくる曲もすべて”ここ天”の曲です。)

この曲のイントロはアカペラで始まり、メロディが始まってMIXを打ち出した瞬間、公演の幕開けを感じて一気にテンションがあがります。

青春ガールズの1曲目「青春ガールズ」と同じやり口(笑)

はじめて「ここ天」に入ってこの曲を聴いたときの感動は忘れません。

今でも聞くと鳥肌が立ちます。

 

 

何度も狙え!

 

センターはまーちゅんこと小笠原茉由。

ダンスも格好も少しおバカな感じがしますが、実はめちゃくちゃ歌詞が良いんです。

悩んだときに聞くと背中を押してくれるような曲です。

名曲だらけの「ここ天」のなかで、私が最も好きな1曲です。

 

 

ジッパー

 

オリジナルメンバーは渡辺美優紀、吉田朱里、上西恵の3人。

かわいい衣装で甘いメロディを歌い、途中でジッパーをおろす振り付けがめちゃくちゃ可愛くて危険な歌です。

歌詞は、ちょっと小悪魔な女の子に翻弄される男子の気持ちを歌っています。

みるきー、あかりん、けいっちの3人でこの歌を歌われたらもう最強ですね。

 

 

おNEWの上履き

 

チームN「ここにだって天使はいる」公演の1曲。

AKB48から移籍してきたフレッシュレモンこと市川美織が初めてセンターをもらった曲。

衣装も歌もめちゃくちゃ可愛いが、

なによりMIXもバシッとハマりますし、合いの手がたくさんあって、メンバーと観客が一体になれる曲です。

以前劇場にチームN公演を見に行ったときにゆーりたんこと太田夢莉さんがこの曲を歌っており、ハートを撃ちぬかれました。

今後も若手のアイドルメンバーで歌い継いでいってほしいですね。

 

 

初めての星

 

ほぼアカペラで始まるイントロから、ノリのよいメロディに移行する瞬間に鳥肌が立ちます。

歌詞は結構まじめな感じですが、意外とダンスが激しい。

この曲を好きなメンバーがめちゃくちゃ多くて、2016年総選挙のアピールコメント動画で歌う人が続出してましたね。

 

 

Radio name

 

チームN全員で歌う曲です。

ノリノリのメロディも好きですが、何よりも曲中にメンバーが「おねがーい」と叫ぶところが大好き。

公演の中では実際にファンが応募したラジオネームとメッセージが読まれます。

当たった人うらやましぃー。

 

 

その他

 

やさしくするよりキスをして

 

みるきーこと渡辺美優紀さんが2014年のじゃんけん大会で優勝して勝ち取ったソロデビューシングル。

昭和のアイドル感満載で、ちょっとギャグソングっぽい。

最初はピンと来なかったが、最近大好きになりました。

特にサビ前の「私にそっとかけてくれたけれど」のところがドハマりしました。

 

 

以上、いかがでしたでしょうか。

NMB48に初めて興味を持った方は、ぜひこの50曲を聴いてみてください!

絶対にハマるはずです。

NMB玄人の方、私の選曲への賛成意見・ご批判、どしどしお待ちしています。

 

 

 

こちらもおすすめ!