事前検診@北新横浜内科クリニック(生活向上WEB) | 治験でミリオネアへの道 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

こんにちは、4月から無職を絶賛満喫中です。

先日よりスタートした治験の体験談シリーズの第2弾です。

 

第1弾はこちら

 

今回は、北新横浜駅前の北新横浜内科クリニック(新横浜創薬センター)に、治験の事前検診に行ってきましたので、その内容をレポートしたいと思います。

 

▼治験への無料参加登録はこちら▼

 

 

治験への申し込み

 

前回の登録説明会はJCVNでしたが、今回は生活向上WEBからの申し込みです。

 

治験No.1の生活向上WEB【治験モニター募集】

 

WEB上で参加したい案件に応募申し込みをします。

今回は、事前検診後に2泊の入院を2回行う治験に申し込みました。

 

申し込みの時点で、病歴や服用している薬などを細かく入力しなければなりません。

私はたまたま登録完了までいきましたが、この時点で申し込み不可になることも多いようです。

 

生活向上WEBはJCVNとは違って事前説明会などはなく、

  1. WEBで申し込み
  2. 電話で日程・参加意思確認
  3. メールで参加意思確認(数回)

との流れで事前検診にいたりました。

 

驚いたのが、参加意思を確認される回数が多いこと!!

申し込み後の電話で確認され、

3日前にメールで確認され、

前日にメールで確認され、

当日にメールで確認されます。

メールの場合は、参加登録のURLをクリックしなければなりません。

 

また、無断キャンセルをむちゃくちゃ嫌っているようで、

「遅刻・欠席の場合は必ずお電話ください」

「無断キャンセルは絶対におやめください」

としつこく書かれています。

 

当日までの準備

 

3日前にくる参加意思確認メールに、当日までに注意事項がたくさん書かれています。

 

要約すると、

  • 当日まで不規則な生活をしないよーに!
  • 水をたくさん飲むよーに!
  • 暴飲暴食を控えるよーに!
  • 前日はアルコールを摂取しないよーに!
  • 前日は激しい運動をしないよーに!
  • 前日の夕食は21時までにとるよーに!
  • 当日は絶食するよーに!(水・麦茶のみ可)
  • 遅刻・欠席は必ず連絡するよーに!!!!

 

事前検診で引っかかると本番に参加できず、わずかな交通費しかもらえませんので、

アルコールは飲まず、ビタミン剤なんかも飲まず、念のためコーヒーも飲まず、早めに寝ました。

 

事前準備・会場入り

 

当日、指定の時刻に試験会場に向かいます。

今回の会場は北新横浜駅前の北新横浜内科クリニック(新横浜創薬センター)でした。

持ち物として、顔写真付きの身分証と、携帯電話を指定されます。

(が、携帯電話は結局使いませんでした。。。)

 

会場に入ると、入り口で名前と身分証明書を提出します。

(身分証はここで一度預かられ、帰り際に返却されます)

 

すでに25人ほどの男性が問診表を書いています。

前回のJCVNの登録説明会はギャルが多かったのですが、

 

今回はおっさんばっかり。。。!!!

 

それもそのはず、今回の治験は20~40歳の男性専用なのです。

 

事前検診の流れ

 

指定時刻になると、いよいよ事前検診が始まります。

・・・と思ったら、来た人からすでに開始しているらしく、先に着いた方は問診表の記入を終えています。

10分前に到着したのですが、ほとんど最後のあたりでした。

 

会場には入院者の暇つぶし用の漫画が多数並んでいました。

また、Wi-Fiも設置されているようです。

意外にも狭く(学校の教室より狭いくらい?)、会場内にはスタッフのものと思われるSONYのウォークマンがスピーカーにつながれ、JUDY AND MARYやbuck number、よくわからんロックの曲が流れていました。

 

1. 問診表記入

 

事前にバインダーに挟まった問診表に記入します。

といっても、A4の紙半分くらいで、1分程度で記入は終わります。

 

2. 検尿

 

しばらくすると、スタッフの方がテーブル毎に検尿の説明をします。

検尿はすぐ行ってもいいし、後ででもいいようです。

説明後はみんなが一斉にトイレに行くので、私はしばらく待ってから行きました。

 

3. 血圧・体温の測定

 

検尿から戻ると、スタッフがテーブルを回って、一人ひとり血圧と体温を測定していきます。

スタッフ2人で回りますので、順番が来るまでかなり待ちます。

 

4. 資料説明

 

全員の血圧・体温の測定が終わると、今回の治験についての説明が始まります。

ここでは、以下ような内容が5分程度で説明されます。

  • 治験とは
  • 今回使う薬の説明
  • リスクのある副作用
  • 本番に参加できる人数
  • 具体的な治験のスケジュール(起床時間、採血時間、解散時間など)
  • 治験協力費の額
  • 入院時の持ち物

今回の治験は、抜歯の後などに飲む鎮痛剤の新薬と、現在すでに使用されている鎮痛剤を飲み比べ、差のデータを取るというものらしいです。

 

5. 身長・体重・心電図の測定

 

説明終了後、一人ずつ別室に呼ばれ、身長・体重・心電図を測定されます。

これは来院した順になるので、私は最後のほうでした。

 

6. 写真撮影

 

1で書いた問診表を持った状態で、写真を取られます。

おそらく本人確認のためなんでしょう。

はじめにも免許証の写真と本人をまじまじと確認されましたし、ここまで厳重にするってことは、替え玉で参加する人が多いのでしょうか。

また、なぜかiPhoneで撮影されます。

 

7. 採血

 

写真撮影後、その流れで採血をします。

一般的な健康診断で使う注射での採血ではなく、針がやわらかい特殊な器具を使うとの説明がありましたが、採血部分を見るのはあまり得意ではなく、しっかりと見ることができませんでした。

 

また、私の前の人はなかなかうまく採血できないようで、何度もチャレンジしていました。

あーかわいそー。

 

8. 交通費の支給、解散

 

採血後、3分ほど患部を圧迫しながら待ちます。

するとスタッフが寄ってきて、身分証を返却するとともに、交通費(今回は3,000円)を渡してもらいます。

受け取りのサインをしたら解散です。

 

ここまで1時間10分ほど。

一番最初に来ていた方は30分ほどで帰っていたので、次回からは早めに行こうと思いました。

 

結果発表

 

結果発表は1週間後に電話だそうです。

本番に進めるのは24人+補欠位の人数だそうです。

なかなか狭き門ですが、ウン万円入ってくるのでぜひ合格していてほしいなー。

 

また結果がわかり次第追記します!!

お楽しみに!

 

★2017/4/18追記 

合否の連絡は入院の2日前と指定されており、指定日のお昼頃に電話がありました。

 

結果は…キャンセル待ち!

検査結果に異常はなかったが、応募人数が多いためキャンセル待ちとなりました、とのこと。

そして、後日改めて連絡があり、キャンセルが出なかったので今回は参加不可とのこと。

残念!

またチャレンジします。

 

▼治験への無料参加登録はこちら▼

 

こちらもおすすめ!